地震対策.info:トップ > マンションの地震対策
マンションの地震対策と一言で言っても階層の違いによって異なります。また、個人でできるマンションの地震対策、管理組合でやるべきものなど、それぞれ異なります。

マンションの地震対策

マンションの地震対策には、管理組合が行うものと

各居住者が行うものがあります。

ます、管理組合が行う地震対策としては、以下のようなものが挙げられます。

  耐震診断、及び耐震改修の実施

  管理組合機能・コミュニティ機能の強化

  地震保険への加入

地震からマンション居住者の生命や財産を守るためには、

まず耐震診断を行うことで、建物の耐震性を的確に把握することが重要です。

特に昭和56年以前に建てられたマンションは、

旧耐震基準によって設計・建設されていますので、耐震診断を行い、

その結果を踏まえて必要な耐震改修を実施することが重要です。

 

 

これらのハード的な側面での強化に留まらず、

常日頃からのソフト的な側面の強化もマンションの地震対策と言えるでしょう。

日頃から適正なマンション管理を行うと共に、

被災時等にコミュニティの結束力が発揮できるような準備をして下さい。

 

 

また、耐震改修の実施により、被害の軽減を図る一方で、

万一の被災時に備えて地震保険に加入しておくことも望まれます。

共用部分については管理組合が加入することになります。

地震保険に加入しておくことで、被害の状況に応じて保険金が支払われ、

円滑な生活復興の助けになります。

 

 

また、各居住者が行う地震対策として、専有部分の地震対策が必要です。

建物が安全でも、家具の転倒などによって被害を被ることがあります。

最近は、家具の転倒防止装置などが市販されていますので、

これらの装置を利用するなどして、

専有部分に対する地震対策を各居住者が実施しておく必要があります。

日頃から管理組合で対策を呼びかけておくことも重要でしょう。

IT用語