地震対策.info:トップ > 食器棚の地震対策
食器棚の地震対策は普通の家具の地震対策とちょっと違います。なぜなら中に食器など割れ物が入っているからです。

食器棚の地震対策

地震の際、対策をしていない食器棚は大きな危険が潜んでいます。

実は食器棚の場合、倒れる危険よりも棚の中のものが飛び出す危険や

落ちて割れた陶磁器やガラスで怪我をすることが問題となるのです。

ですから食器棚には必ず地震対策を行うようにしましょう。

ましてや扉をあけっぱなしなんて言うのは、もってのほかです。

 

まず観音開きの戸の場合ですが、最近の食器棚の場合、

すぐに開かないようになっていますが、

古いものはすぐに開いてしまいますので、

留め金や左右の取っ手に棒状のものをひっかけておくようにしましょう。

 

今度は扉のガラス部分ですが、扉が開かなくても、

ガラス自体が割れてしまう事もあるでしょう。

ですからガラスには飛散防止フィルムを張っておきます。

飛散防止フィルムを張ることで割れたガラスが飛び散らずに、

割れたガラスで怪我をする心配がなくなります。

 

それから、食器棚その物を転倒させないことも重要です。

ですから、背の高い食器棚には転倒防止用の突っ張り棒や、

L時金具などで固定します。

これらは、転倒防止効果が非常に高く、

特に狭いキッチンでは必須の対策です。

食器棚などの底に挟みこみ、倒れにくくするものも売られています。

 

それから忘れてはいけない所は棚の中に収納されている食器の

移動を防ぐ事です。それによって、扉が開いたり、割れたりする事を

更に防いでくれるのです。

棚の中の食器が動かないようにするには、

棚にやわらかいクッション材を両面テープで固定しておきます。

大切な食器を守るためにもせめてガラス戸以外のところには

必ずやっておきたいものです。

 

 

IT用語