トップ > 水槽の地震対策 > 水槽の地震対策

水槽の地震対策

様々な魚や亀など水槽を設置している方にとって、

地震対策というのは、考えてはいるものの、

意外と手つかずの方が多いようです。

 

私もあまり考えていなくて、先日の東日本大地震で、

震度5弱の揺れに対して、冷や汗をかきました。

60cm水槽だったのですが、落下や破損はありませんでしたが、

水が波を打ち、5分の1程度の水が周りに飛び散り、

床がかなり濡れてしまいました。

ヒーターやエアには特にトラブルはありませんでしたが、

色々と考えるきっかけになりました。

 

ネット上で色々と調べてみると、

主な対策として、考えなければいけない事がいくつかあるようです。

まずは水槽その物が動かないようにするために、

台もしくは床に固定する方法を考えるという事。

そして、なるべく高い所に設置しないという事です。

仮に落下して破損してしまうと、逃げる時に怪我をする可能性もありますし、

水がもれて、集合住宅などで下に水漏れしてしまう可能性もあるからです。

それからガラスにフィルム等を張り、万が一の破損の際にも

散らばらないようにするという方もいらっしゃいました。

 

それからヒーターなど、大地震などの後で

火事になってします可能性があるものをどうするかということです。

たとえば、水が出てしまった場合、自動的に切れるものや、

水槽の中に蛍光灯やポンプが落ちてショートし、

漏電しないように漏電ブレーカーを使用する、などです。

 

ただ、震度6や7等の地震に襲われた場合は、

正直、自分が逃げるのが精いっぱいでしょうから、

その際、支障をきたす事が無いようにすることと、

火事を出さないように気を付けることが重要でしょう。

 

水槽の地震対策
水槽の地震対策とは?重たい、割れやすい、中に生物がいる、そんな水槽を地震から守る方法。

前の記事 | 次の記事

【関連コンテンツ抜粋】
IT用語