トップ > テレビの地震対策 > テレビの地震対策

テレビの地震対策

テレビには、昔からあるブラウン管テレビと、

地デジ化が進んでいるために、非常に増えている、

薄型テレビと2種類があります。

どちらもそのままでは、非常に地震に弱いものと言えます。

 

まずブラウン管のテレビは、

イメージとして、重くて頑丈ドッシリしているように見えますが、

実は前が重くて重心が前にあるので、

揺れに脆弱で、簡単に前に倒れてしまいます。

少なくとも前に滑って来ないようにすることは必要でしょう。

またテレビ台が移動式の場合は、必ずロックしておくことも必要です。

 

一方、薄型テレビに関してですが、壁掛け金具を利用し、

壁に掛かっている場合には、指定通りの設置方法で取り付け、

強度をきちんと保って設置する事を徹底してください。

そうでないと、簡単に落ちます。

また、お店等で天井から吊っている場合、

これも指定通りの金具を使用することと、

アタッチメント等は省略しない事に注意しないと、

やはり落下して、大きな事故に繋がります。

また多くの家庭の設置方法である、

スタンドを付けてテレビ台に置いてある方法に関してですが、

この場合、必ずテレビ台にビスやボルト等で固定しましょう。

ただ置いてある場合、簡単に倒れます。

また出来るだけ液晶保護カバーを付けておくと物が

ぶつかって液晶がダメになる事も少ないでしょう。

液晶テレビ等は少しの高さから落ちただけでも

液晶がダメになりますので、注意が必要です。

 

テレビの地震対策
テレビの地震対策にはブラウン管式と液晶テレビとで少々対策方法が違います。

前の記事 | 次の記事

【関連コンテンツ抜粋】
IT用語